低糖質チャーシュー麺🍜

自家製低糖質麺でチャーシュー麺 を作りました。
低糖質麺の作り方は過去の投稿を参考にしてください。

真夜中の血糖値測定

まずチャーシューを作ります。
今回は、真空低温調理で3日(72時間)調理後小分けし、冷凍したイベリコ豚肩ロースを使いました。
以前の投稿を参考にしてください。

真空低温殺菌調理(イベリコ豚肩ロース肉)


調理した肉150gを小分けにして冷凍してあります。

肉を解凍し合わせ調味料をいれ真空包装します。
2時間ほどで浸透圧で味がしみこみます。


フライパンで軽く焼き目がつくくらいに焼きます。


そぎ切りにします。
具材を全部揃えます。(半熟卵・生若布・しらがネギあおネギ)

麺とスープを別々に温めます。

器に盛り付け、具をのせて完成です。

そして血糖値測定。
10:14  122mg/dl

11:16  124mg/dl

0:16  135mg/dl

食後1時間の血糖値はほとんど変わりません。
不溶性食物繊維の量が結構多いのが原因かと思います。

2時間後13mg/dl上昇ですので今回の糖質制限食試験は合格でしょう。
ちなみに総糖質量は、約12gです。

今回のチャーシュー麺には多量の食物繊維(主に不溶性)そしてタンパク質も豊富に含まれています。
食物繊維が血糖値上昇の抑制に深くかかわっているように思われます。

糖質ゼロコンニャク麺もいいのですが、どこか物足りなく長続きしません。
カロリーとタンパク質と食物繊維そして少量の糖質の含まれた今回の低糖質チャーシュー麺、結構いけると思いました。

真空低温殺菌調理(イベリコ豚肩ロース肉)

ブログ読者のアクセスキーワードで多いのが、真空低温殺菌調理です。

私が使っているのは、静岡のベンチャー企業㈱石川総研の調理機器です。
http://www.ishikawasouken.com/tyouriki/
お問い合わせはメールフォームからどうぞ

非常に優秀な機械で、購入するときに誤差は±0.2℃と説明を受けましたが、私が見た感じでは、ほぼ±0.1℃を保っています。
プロの料理人や飲食店、病院、介護施設などにお勧めです。

今回は4kgのイベリコ豚のブロックを、58.2℃で28時間調理しました。

真空低温殺菌調理開始から、皿に盛り付け提供までをご紹介します。

まず、ブロック肉を約1kgに切り分け専用の機械で真空包装します。
この時に空気が入りますと調理中に浮いてしまうのでしっかりと空気を抜きます。
IMG_4060

IMG_4063

58.2℃にお湯を沸かしておきます。

IMG_4062

材料を調理機に入れます。
IMG_4065

蓋をして温度を58.2℃に設定します。
食材が入ったことによりいったん温度が下がりますが、すぐに戻りますのでそのまま蓋をします。
IMG_4068

28時間後に調理済みの食材を取り出し、雑菌が繁殖しない様に素早く0℃前後に冷やします。
IMG_4081

しっかり冷やしてから、2cmぐらいの厚みに切り分け、真空包装して-2℃の冷蔵庫または冷凍庫に保存します。
IMG_4115

仕上げの調理をします。
生肉と同じように塩と胡椒をします。
表面に焼き色が付き中心が75℃ぐらいになればok。
IMG_4090

皿に盛り付けます。
今回は、ズッキーニとピーマンそして自家製のハーブ(ローズマリー)添えました。
ソースは、バルサミコソースです。
イベリコ豚に、ちょっと甘酸っぱいバルサミコ酢はぴったりです。

カットした断面は、ピンク色です。
食感は柔らかく、そしてジューシーです。
IMG_4112

 

自家製糖質ゼロベーコン

いろいろ使える自家製糖質ゼロベーコンの作り方をご紹介します。

材料:豚バラブロック1.8kg、塩54g、スモークチップ適量
IMG_1869

豚バラブロックに塩をこすり付けます。真空包装して
冷蔵庫で3日寝かせます。
IMG_1870

3日寝かせたら,約3時間流水につけ塩抜きする。
IMG_1901

キッチンペーパーで水を切り、真空包装して58.2℃で
15時間真空低温殺菌調理する。

しっかり冷やしてから15分スモークする。
IMG_1904

IMG_1906

冷蔵庫のファンのそばで一日乾燥させる。
IMG_1908

15分とスモーク時間が少ないので、もう一度真空包装して、香りを浸透圧により中心部にしみこませる。
IMG_1910

IMG_1939
少し厚めにスライスして、ベーコンエッグや、ベーコンステーキなど、加熱して食べると美味しいですよ。カルボナーラもいいですね。

 

 

低糖質骨付きローストチキン

今日はクリスマスイブ、クリスマスと言えばローストチキン。
市販のローストチキンは味付けなどでけっこう糖質が高いみたいです。
今日ご紹介するローストチキンは糖質を最小限に抑えた調味液につけ、粉を付けずにフライパンで調理しました。

材料:58.2℃で15時間真空調理した骨付き鶏もも肉200g、生姜スライス少量、長ネギ少量、カレー粉少々
つけだれ(調味液):醤油20g、自家製みりん風調味料20g

IMG_1821
すべての材料とつけだれを全部一緒にポリ袋に入れ、真空包装します。(チャック付のポリ袋でも構いません。)
1時間以上漬け込みます。

IMG_1823
つけだれを落としフライパンできつね色になるまで、中火で皮目から加熱します。

IMG_1824
焼き色が付いたら皿に乗せ、持ちやすくアルミホイルを巻いたら完成です。

糖質量は鶏肉100g当たり0.1gと、しみ込んだ醤油の糖質(醤油の糖質100g当たり10.1g)だけです。
調理する時の参考にしてください。