糖質0の勧め

「糖質制限についての考え方」原点に戻ると、やはり釜池先生かな。
最近「糖質制限」がダイエットなどで注目を集めているようですが、
原点をもう一度考えてみたくなり、注目記事にしました。

がん細胞の主なエネルギー源糖質を断つこと、つまり兵糧攻めです、
釜池豊秋先生の第17回に続く18回がんコンベクションでの過激な公演です。

新井 圭輔氏もがんコンベクションでの公演ががありますが、今回は第10回 日本自然医療協議学会   からの動画です。

 

※2016年2月14日に投稿したものです

最近糖質制限について思うこと

自分が糖質制限を実践し、健康になったとしても、親せきや、友人、他人に勧めても無理です。
自分で勉強しようとしない人に勧めても、新興宗教並みに扱われます。

境界型糖尿病(hba1c5.7以上)の人が炭水化物を今までどおりに食べ続ければ、ほとんどが糖尿病を発症するようです。
そんな人に糖質制限を勧めても無理です。
勝手に炭水化物を食べて糖尿病になってもらいましょう。

また、糖尿病を発症しているにもかかわらず、炭水化物を食べ続ける人にも、勧めても無理です。
合併症を発症するのを待ちましょう。

糖分とはなんでしょう、砂糖なのか、糖質なのか、糖類なのか、炭水化物なのか、
甘いものなのか。

問題は、血糖値を上げる糖質です。

糖質を限りなく0にすることです。
断食か糖質制限しかありません。

 

※釜池豊秋氏と新井圭輔氏の動画です。

 

血糖値を下げる食品と食べ方

糖尿病関連の本がたくさん書店で売られています。

著者は糖尿病専門医を含め、医師や管理栄養士です。

本のタイトルでどうしても許せないのは、「血糖値を下げる・・・・・・・」です。
これらのタイトルは、血糖値が上がることを前提としています。
そこで、血糖値を下げる食品や、食べ方ということになるのでしょう。

しかし、食品や食べる順番で血糖値を下げるのことはできず、血糖値の上昇が緩やかになるだけです。(急激な血糖値上昇「グルコーススパイク」の予防にはなる)
やはり、食べた糖質分の血糖値の上昇は(食後2~3時間後までに)あると思います。

これらは、問題の先送りであり、根本的な治療にはならないでしょう。

血糖値を下げることができるのは、インスリン注射か経口血糖降下薬のなかでもSU剤・DPP4阻害薬・速効型インスリン分泌促進薬などインスリン関連薬だけです。

SGLT2阻害薬(腎臓の尿細管内腔に存在するSGLT2(ナトリウムグルコーストランスポーター)を阻害し、ブドウ糖の再吸収を防ぐ)・インスリン抵抗性改善薬(インスリンの効き目をよくする)やαグルコしダーゼ阻害薬(多糖・二糖からブドウ糖に変える酵素を阻害する)にしても、積極的に下げるというよりも血糖値を上げにくくする薬だと思います。

本屋さんの店頭では専門家が書いた「血糖値を下げる食品」や「血糖値を下げる食べ方」関連してGI(グリセミック・インデックス)・GL(グリセミック・ロード)などの食品選びに関する本もあります。

糖質制限食にすれば、血糖値を下げる必要はありません。
血糖値が上がらないからです。

炭水化物を大量に食べて上がった血糖値を下げようとするから、「血糖値を下げる食品」や「血糖値を下げる食べ方」という考えが出てくるのです。

炭水化物を最小限に抑えれば、血糖値は最初から上がらないのでそもそも下げる必要がないのです。

断食10日後の検査結果

断食10日後の検診結果が出ましたので、ご報告します。

○2015/11/4(橋本クリニック・仙台市)
尿酸値:6.3
TG(中性脂肪):56
HDLコレステロール:67
LDLコレステロール:139
総ケトン体:4040 (アセト酢酸:541 ・βヒドロキシ酪酸:3500 )
グルコース:108
HbA1c/NGSP:5.5
HbA1c/JDS:5.1
GA(グリコアルブミン):13.4
インスリン:2.9
抗GAD抗体:0.4未満

○体重・血糖値・血圧の推移
2015/12/5 断食開始
・・ ・・・体重 血糖値 血圧
01. 12/05 ・55.5・110・ 126
02. 12/06・ 55.0  ・83・ 131
03. 12/07 ・54.0 ・ 71 ・117
04. 12/08・ 53.0  ・80・ 117
05. 12/09・ 52.0  ・83 ・117
06. 12/10 ・51.5  ・95 ・115
07. 12/11 ・51.5  ・89 ・120
08. 12/12・ 51.0  ・89 ・122
09. 12/13 ・50.5  ・73 ・126
10. 12/14 ・50.0  ・76 ・126

※断食10日後(11日目空腹時)の検診結果
○2015/12/15(橋本クリニック・仙台市)
ALT(GPT):13
‎AST(GOT):17
‎γ-GTP:16
クレアニチン:0.62
尿酸値:8.9
TG(中性脂肪):82
HDLコレステロール:53
LDLコレステロール:189
総ケトン体:9910(アセト酢酸:1410・βヒドロキシ酪酸:8510)
グルコース:92
HbA1c/NGSP:5.3
HbA1c/JDS:4.9
GA(グリコアルブミン):12.9

・尿酸値が上がりました。
断食による肉体的ストレスでしょうか。

・グリコアルブミンは基準値内でした。

・食品として、口からコレステロールを入れなくてもLDL-Cが上がりました。

・グルコースは正常で、糖新生も十分行われたようです。

・総ケトン体9910でもケトアシドーシスにはなりませんでした。

江部先生からのコメント

Re: 断食10日後の検診結果が出ました

オスティナート さん

検査結果のコメント、ありがとうございます。

断食あるいは低カロリー食により、尿酸値は上昇します。

断食により、肝臓がコレステロールを多く生産したということですか。
興味深いです。

総ケトン体9910は、なかなかの高値ですが、インスリン作用があるていど以上確保されていれば
ケトアシドーシスにはなりません。
オスティナートさんの場合も生理的なケトーシスで安全なものです。

2015/12/19(Sat) 15:20 | URL | ドクター江部 | 【編集

Re:スーパー糖質制限食を始めて3年5ヶ月が過ぎました

Re: スーパー糖質制限食を始めて3年5ヶ月が過ぎました

オスティナート さん

○2015/11/4(橋本クリニック・仙台市)
※10/24から断酒継続中
※尿酸値:6.3
TG(中性脂肪):56
HDLコレステロール:67
LDLコレステロール:139
総ケトン体:4040 (アセト酢酸:541 ・βヒドロキシ酪酸:3500 )
グルコース:108
HbA1c/NGSP:5.5
HbA1c/JDS:5.1
GA(グリコアルブミン):13.4
インスリン:2.9

素晴らしいデータです。
インスリンが正常下限くらいですが、空腹時血糖値は108mg/dlなので折り合いがいいです。
ケトン体も高値でよく脂肪が燃えていて、糖質制限優等生ですね。

2015/11/10(Tue) 21:35 | URL | ドクター江部 | 【編集

スーパー糖質制限食を始めて3年5ヶ月が過ぎました

江部先生のブログと読者の投稿を頼りに、スーパー糖質制限食を始めて3年5ヶ月が過ぎました。

2015/11/3のGA(グリコアルブミン)に関するブログを参考に、早速(11/4)GAを含めた検査をしてもらいました。

検査の結果は、HOMA-βが低い(23.2)のと、ケトン体が高い(4040)のを除き、すべて基準値内に収まりました。

すべて江部先生(糖質制限食)のおかげです。

これからも油断せず断糖(脂質を制限せず、糖質を制限)を続けていきたいと思います。

以下、最近の健診データです。

2014/7/16(人間ドック・仙台オープン病院)
尿酸値:7.8
TG(中性脂肪):66
HDLコレステロール:97
LDLコレステロール:90
グルコース:105
HbA1c/NGSP:5.0
HbA1c/JDS:4.6

○2014/11/1(橋本クリニック・仙台市)
尿酸値:8.0
TG(中性脂肪):57
HDLコレステロール:105
LDLコレステロール:135
総ケトン体:5730(アセト酢酸:1000・βヒドロキシ酪酸:4730)
グルコース:143
HbA1c/NGSP:5.5
インスリン:2.0
抗GAD抗体:0.4未満
膵グルカゴン:127

○2015/7/15(人間ドック・仙台オープン病院)
尿酸値:9.2
TG(中性脂肪):56
HDLコレステロール:88
LDLコレステロール:74
グルコース:146
HbA1c/NGSP:5.3

○2015/11/4(橋本クリニック・仙台市)
10/24から断酒継続中
※尿酸値:6.3
TG(中性脂肪):56
HDLコレステロール:67
LDLコレステロール:139
総ケトン体:4040 (アセト酢酸:541 ・βヒドロキシ酪酸:3500 )
グルコース:108
HbA1c/NGSP:5.5
HbA1c/JDS:5.1
GA(グリコアルブミン):13.4
インスリン:2.9
抗GAD抗体:0.4未満

GA/HbA1c(JDS)比
13.4÷5.1=2.627

●LDL-C/HDL-C比
139÷67=2.07

●HOMA
○HOMA-R=空腹時血糖値×空腹時インスリン値/405
(空腹時血糖値140㎎/dlまで可)1.6以下正常
108×2.9÷405
=HOMA-R:0.77
○HOMA-β=360×空腹時インスリン値(μU/ml)/(空腹時血糖値(mg/ml)-63)
(空腹時血糖値130mg/dlまで可)正常値:40-60
360×2.9 ÷(108-63)
=HOMA-β:23.2

追記
江部先生からのコメント

Re: スーパー糖質制限食を始めて3年5ヶ月が過ぎました

オスティナート さん

○2015/11/4(橋本クリニック・仙台市)
※10/24から断酒継続中
※尿酸値:6.3
TG(中性脂肪):56
HDLコレステロール:67
LDLコレステロール:139
総ケトン体:4040 (アセト酢酸:541 ・βヒドロキシ酪酸:3500 )
グルコース:108
HbA1c/NGSP:5.5
HbA1c/JDS:5.1
GA(グリコアルブミン):13.4
インスリン:2.9

素晴らしいデータです。
インスリンが正常下限くらいですが、空腹時血糖値は108mg/dlなので折り合いがいいです。
ケトン体も高値でよく脂肪が燃えていて、糖質制限優等生ですね。

2015/11/10(Tue) 21:35 | URL | ドクター江部 | 【編集