料理を作ろう糖質制限食

ブログをはじめたのは2014/1/7でした。

はじめて料理関連の投稿をしたのが料理を作ろう糖質制限食で、
2014/2/10の投稿です。

もう3年半経過していますが、糖質制限の考え方は今と変わっていません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

糖質制限食の現状

スパー・コンビニその他店頭で売られている、惣菜、弁当、加工食品、お菓子、缶詰 などほとんどの食品には、多量の糖質が含まれています。

また品種改良により、野生種に比べより糖質の多い穀類、野菜、果物がここ数百年の間でも 増えてきたのだと思います。

糖質制限が世の中に知られてきて、低糖質なパン・大豆麺・お菓子そして調味料まで以前より ずいぶん糖質制限食品が販売されるようになりました。 ただ、開発費や少量販売のため、コストが掛ることもあるのでしょうか、通常の商品の2倍から5倍ぐらい の値段がします。

これでは、相当金銭的に余裕のある方は別として、すべての糖質制限商品を購入することはできません。

でも我々糖尿人は、生きるために食べなければなりません。薬もインスリンも使わずに生きていくためには、 やはり糖質制限食しかないのです。

ただそろそろ大手の食品業界も、糖質制限食開発に動き出す気配をみせているので、期待はしたいものです。 でも待っているわけにはいきません。今日も、明日も食べなければなりません。

この先、糖質制限食を続けていくには、また糖尿患者の場合は一生続けていくには、どうしても 自分の食べるものは自分で調理しなければならないでしょう。

それには料理の勉強をしなければなりません。

料理を作るということ脳のリハビリ

料理を作るということは、脳のリハビリにもなります。

まずなにを作るかメニューを考えなければなりません。 たとえば誰かのために(友人や恋人とか)作るとしたら、相手の好き嫌いとか、量はどのくらい食べるかとか、(私の場合、食べていただく方の、表情を思い浮かべながら考えます)また自分のレパートリーとか 得意料理とか、想像する脳を使います。

料理を作るには、材料を買わなければなりません。決まった予算で料理を作るには材料の分量や値段を考え、 買い物をしなければなりません。そこで計算する脳を使います。

次に買ってきた食材を調理します。ここでまず、包丁で皮をむいたり、カットしたりと、運動する脳を使います。

そして鍋や、フライパンで調理します。スープや調味料を入れ、煮込んだり、焼いたりと、聴覚、視覚、嗅覚、 味覚、触覚など5感を使い料理を完成させていきます。ここで感覚の脳を使います。

そしていよいよ盛り付けです。料理で一番楽しいのはここからです。ここではやはりその人の経験や、生まれ持ったセンスが出ます。 ここで感性の脳を使います。

心豊かに生きる

人生心豊かに生きていくためにも、糖質制限食を続けていく為にも、自分で料理を作りましょう。

今からでも遅くありません。これから私と一緒に糖質制限食を勉強していきましょう。

料理を作れるように成るということが(自分で食べるものを自分で作れるようになるということが) 人間として本当の自立なのではないでしょうか。

料理を作ろう!糖質制限食』 今回は総論となりました。 続きますお楽しみに。

低糖質チーズ海老煎餅

食べるとやめられなくなるのが煎餅です。
特に海老煎餅は美味しいので気が付いた時には、袋が空になっていた、そんなことはよくあります。
でも、糖質制限をしている場合、煎餅はNG食品です。
しかも、海老煎餅とは名ばかりでほとんど炭水化物です。
そして唄にもある様にやめられなくなるので始末におえません。
でもたまには食べたくなります。
そこで今日は、チーズを使い低糖質海老煎餅を作りました。

材料2枚分:チェダーチーズスライス2枚分16.4g糖質0.2g、干し小海老8g
IMG_2377

オーブンペーパーの上に海老を敷く。
IMG_2403

チェダーチーズを冷凍してからおろし金ですりおろす。
IMG_2386

IMG_2388

干し海老の上におろしたチーズを乗せる。
IMG_2404

170℃に余熱したオーブンで約4分加熱すれば完成。
(状態を見て加熱時間を調整してください。)
糖質量0.2g
IMG_2412

感想:やはり、食べると「やめられない、とまらない」
でも、2枚で我慢しました、そして大満足です。

低糖質クランベリー入り小さなチョコタルト

もうすぐ、バレンタインデーです。

小さなクランベリー入りチョコタルトを作りました。

材料20個の分量:
苦チョコ(カカオマス)200g、糖質20.6g
生クリーム320g、糖質9.92g
ラカントs100g、
卵白120g・卵黄120g、糖質0.72g

タルト20個分の糖質量31.24g
タルト1個の糖質量1.562g+クランベリー2g糖質1.56g

クランベリー入り小さなチョコタルト
焼き上がり1個45g、糖質量3.122g
クランベリーが入らなければ1個の糖質量1.562gです。

IMG_2385

粉砂糖は、計量できないほど少量なので糖質量に含めていません。
また、血糖値を上昇させないカロリーゼロの糖アルコールエリスリトール(ラカントs)も糖質量に含めませんでした。

 

低糖質 節分巻き寿司

3年前の投稿です。📌止めしました。

コンビニやスーパーどこへ行っても恵方巻きのポスターが貼ってあります。

よくわからないのですが関西の風習の様です。

よくわからないまま、今日、低糖質な巻き寿司を作りました。

材料:木綿豆腐150g糖質3g、卵50g糖質0.15g、マグロ110g糖質0.11g、海苔全型1枚糖質1.3g、大葉2枚糖質0.005、卵焼き50g糖質0.15g、すし酢15g糖質0.15g
(すし酢
材料:穀物酢120g、液体ラカントs90g、塩20g、キサンタンガム5g(出来上がり235g、うち15g使用糖質0.15g))

す飯もどき
木綿豆腐の水気を切り、手のひらで細かくつぶす。 つぶした豆腐をテフロン加工のフライパンで、油を入れずに炒め、水分を飛ばす。
次に卵50gを入れ豆腐の表面をコーティングするように中火で炒める。
その後キサンタンガム(増粘剤)で「とろみ」がついたすし酢と和える。
IMG_1158

半分に切った海苔にす飯もどきを均等に敷く
IMG_2291

まぐろ、大葉、卵焼きを乗せる
IMG_2292

丁寧に巻き恵方巻きの完成
IMG_2293

食べやすく切って皿に盛り付けて低糖質巻き寿司の完成
糖質量4.865g
IMG_2323

かぶのスープのラテアート

スープを使ったラテアート、今日はかぶのスープです。
前回はマッシュルームスープでした。
前よりいくらか進化したようです。

材料1人分:かぶ80g、コンソメスープ適量、バター10g、塩

作り方:かぶをスライスしてコンソメスープと塩少量とバターで柔らかくなるまでゆでる。
ミキサーにかける。
ミキサーに入れる時、茹で汁(コンソメ)の量を加減して、かぶのとろみを調整する。
ストレーナーで濾してから塩で味を調える。
スープ皿に入れラテアートして完成。

100gで糖質約2g
IMG_2220
葉の模様は、かぶの葉で作ったスープです。