生マグロが食べたい

糖質制限をしているとエンゲル係数が上がり、近年高くなった生マグロなどは、なかなか食べられません。

そこで今回、私がたまに使う裏技をご紹介します。

今日、突然訪ねてきた友人に誘われ、自宅から車で10分ほどの距離にある、魚がメインの「杜の市場」(仙台市)に行ってきました。

友人の目的は、3枚1,000円の脂の乗った特大鯵の干物でした。
私は生マグロのアラ(骨付きの身)です。

そして、格安でゲットできました。

パックや包装を含め738gで500円でした。

早速調理です。
道具はスプーン一本とペティナイフだけです。

削ぎ取るだけ。

骨と筋の重量302gでした。

そして中落(骨から削ぎ落した身の部分)が408gでした。

この後チルドで保管し、
マグロのタルタル、
マグロのユッケ、
マグロとアボガドの手巻き寿司、
低糖質マグロ丼、など・・・
結構楽しめそうです。

尚、残った骨は、マリネして焼き、しゃぶると酒のつまみになります。

低糖質マグロ太巻き

マグロ・アボガド・卵でご飯抜き太巻きを作りました。

最近のマグロ、高くてなかなか食べられません。
閉店間際のスーパーでマグロをゲット、しかも生。

マグロをたたき、ネギ、わさび、マヨネーズ、合わせ醤油を合わせ下味をつけます。

アボガドをカットして種を取ります。

フライパンに卵2個入れ和風顆粒だし、マヨネーズ、菜種油を入れ、
炒り卵を作ります。

材料を揃えます。

海苔の上に乗せ、巻きます。

手で、丁寧に巻いて完成。

カットして皿に盛り付けます。

脂がのっていて、満足でした。
調理時間約10分です。
是非、お試しください。

鮭の切り身のアクアパッッア風

秋も近づき、最近ずいぶん過ごしやすくなりましたね。
今日は季節の魚鮭の切り身が安く買えました。

おとといの「マトウ鯛のあら」とアサリを使い、鮭をアクアパッッア風に調理しました。

マトウ鯛のあらを使った料理

まず 鮭の切り身に塩コショウして皮目から焼きます。

img_5346

鮭に8割ほど熱が入ったら裏返し放置します。

img_5347

次の作業に入ります。
材料:塩抜きアサリ・マトウ鯛のあら・トマト・イタリアンパセリ・ズッキーニ・糖質0日本酒

img_5349

フライパンにつぶしたニンニクと輪切りの唐辛子とオリーブオイル。
つぶしたニンニクは後で取り出せるようにするためです。

img_5352

フライパンにアサリを入れ、糖質0日本酒と水を入れます。

img_5355

アサリの殻が開いたらストレーナーで濃しアサリは別に保管します。

img_5356
img_5358

濾したスープにマトウ鯛のあらを入れ煮出して濾します。

img_5357

濾したスープにズッキーニ・トマト・イタリアンパセリ半分、そしてごま油をほんの少し入れます。

img_5362

ズッキーニに火が入ったら焼いた鮭の入ったフライパンに全部入れ5分ほど煮込みます。

img_5364

皿に盛り付けます。

img_5366

別に保管していたアサリを盛り残りのイタリアンパセリを振りかけて完成です。

img_5374

丸魚を使わなくても「あら」からうま味が出て満足の味でした。
原価ですか?
すべて閉店間際のスーパーの値引き品で、2人分作りました。
1人分200円ほどでした。
(以前購入したものや畑から収穫したパセリなどもあり、多めに見積もりましたので、今日の出費は1人前150円ぐらいでしょうか。)

鮭の切り身の替わりに丸魚カサゴを使えば、
カサゴのアクアパッッアです。

アクアパッツァ

マトウ鯛のあらを使った料理

またまた、低糖質節約魚介料理です。
今日の買い物はpm11:45でした。

青森県産オオメマトウ鯛のアラです。
img_5300トレー込みで409g税別112円です。

これに塩を振ってオリーブオイルを掛け、オーブンで焼き身をほぐして素材として使います。
img_5301オーブンで加熱します。
img_5302
焼きあがりました。
img_5303さめてから身をほぐし素材として使います。

粗熱が取れたら身をほぐします。
img_5304左がほぐし身右が骨です。
左は今回のだし巻きに使い、右の骨は次回のスープに使います。

では料理を作ります。
以前投稿したカニ玉だし巻きとほぼ同じです。

カニ玉だし巻き

今回はほぐし身を使いました。
img_5305ショウガ15g、ネギ15g、大葉2g、マヨネーズ40g、赤ピーマンのみじん切り10g、顆粒かつおだし1g

卵は全卵8個ですimg_5306

テフロン加工のフライパンにオイルを引き材料を全部入れ、大きなオムレツを作ります。

img_5307
img_5308
アルミフォイルに乗せテリーヌ型に移し型どりします。
img_5309
img_5310
img_5312
img_5314

次回は残りの骨、皮、ゼラチン質などを使いスープを作ります。

ノルウェー産サーモンのスモークと燻製卵

最近のアクセス解析による傾向です、
秋も近づきスモーク関連が多くなりました。

そこで、スモークといえばノルウェー産生サーモン、そして日本で人気の燻製卵も同時に作ります。

やはりスーパーでpm10:00前後の魚介の買い物です。

今日はノルウェー産生サーモンです、でもけっこう高い。
そこでサーモンのアラを使います。
値段は1/4ぐらいで買えます。
トレー込みで500g税別で297円です。
img_5273
定番のムニエルなどには使えませんが、今回は特別な調理法でスモークにしてみました。
バットにアルミフォイルを敷き、塩を振ったサーモンを並べ、オリーブオイルをかけます。
img_5278
オーブンで加熱します。
img_5281
加熱時間はオーブンや電気ガスなど熱源により違います。
目安として乾燥しない程度にしっとりと加熱してください。
img_5282
加熱してから短時間スモーク(瞬間燻製)します。
これにより、香りをまとったジューシーな燻製に仕上がります。

スモークの作業に入ります。
今回は、隙間に味付け卵も乗せ燻製にしました。
img_5284
ステンレスのボールをかぶせ煙を対流させます。
img_5285燻製時間は、90秒です、

完成品です。
img_5287
img_5288
サーモンは身をほぐしてサラダ、そして骨をしゃぶりながら食べると美味しいですよ。
燻製卵はもちろん「good」です。