里山

一昨日、日曜日の画像です。一日中穏やかな天気でした。


後世に残したい場所、
私の姉が所有する宮城県の松島町の里山です。

来年、付属する物置(約20坪)を私がセルフリノベーションします。
また、本ブログでアップします。

糖質制限食料理人のセルフリノベーション エントランス(玄関)編その10

前回エントランス(玄関)床の解体まででした。

糖質制限食料理人のセルフリノベーション エントランス(玄関)編その9

今日はエントランス(玄関) 床張りの仕上です。
材料はナラ無垢材を使いました。

今回のリノベーションは築46年の住宅で、床材は12mmが張られています。
ここで困ったことがありました。
既存の枠組みを生かしたかったので床材も12mmを探しましたが、ナラの無垢材の場合15mmがほとんどで、12mmが買えないことでした。

時間はかかりましたが、ネットで探して購入、やっと届き今日の床張りとなりました。

カットし仮置きしてから張っていきます。
img_5383
材料が固いのでスライド丸鋸を使いました。
img_5384
ネタボンドで接着したので、
貼り終わってから床が浮いたり軋みが出ないように、重量ブロックを置きました。
img_5386
床も落ち着き床張りの完了です。
img_5389

 

ジスクグラインダー冶具(タイル切断用定規)

糖質制限料理人のセルフリノベーションエントランス(玄関)編、いよいよ大詰め、これからエントランスの床タイルを貼ります。

マキタジスクグラインダーを使い床用タイルを切断しますが、
正確に切断するには技術が必要です。
そこで、ジスクグラインダーのベース(別売り)を購入、そしてオリジナルの冶具を作りタイルを正確に切断します。

今日は、ベースの取り付けと、冶具の作り方の一部を解説します。
今回の冶具は、丸鋸定規の考え方、作り方とほぼ同じです。
違いは、ベースをガイドとしたこと、ジスクグラインダーと定規面の間隔が狭いため、ガイドが接するナラ無垢の厚みが6mmになったことです。

※丸鋸定規の作り方はこちらのサイトがわかりやすいのでお勧めです。

丸のこ定規を自作しよう!450mmと900mmの2種類で作業効率がぐっと上がる。

ジスクグラインダーにベースを取り付けた状態です。
img_5290
img_5292詳しい取り付け方は取説のp22をご覧ください。

冶具を作ります。
ベースをガイドとして利用し、定規にします。
そのためギリギリ厚み6mmに切り出したナラ無垢材です。
img_5294
img_5293
これをアルミ複合板に接着剤で 張り付けます。
img_5297
img_5296ナラ無垢にベース(ガイド)を当ててカットすることにより、正確にカットできます。
接着剤が乾いてから定規の部分をカットして完成です。

冶具を使った床タイルの切断など、また明日アップします。

糖質制限食料理人のセルフリノベーション エントランス(玄関)編その8

前回の続きです。
IMG_5166日本ペイントのオイルステイン・マホガニーで着色しました。
天板も作り、乗せました。

今日は、壁掛けテレビの設置もしました。

壁面への穴あけや取り付け金具の設置など、専門的な作業です。
今回は、従兄の電気店のオープン30周年ということで、購入設置を依頼しました。
IMG_5160
IMG_5161裏の配線です。
IMG_5180
設置が終了しました。
IMG_5163
IMG_5178
IMG_5177
ソニーショップの電気店さすがプロ、完璧な仕上がりでした。
ラックとの間隔や壁面との距離など絵画のような壁掛けテレビです。
なお、ネットなど個人で購入しても完璧な設置は無理なのでプロに依頼しましょう。

今回依頼した電気店ソニーショップはこちらです。
ソニーショップ サイト
sight_kanban[1]http://www.sightstyle.jp/