糖質制限食料理人のセルフリノベーション エントランス(玄関)編その7

以前投稿した糖質制限食料理人のセルフリノベーション収納編no.3
で使用したボックスを使い今回はウェーティングルームの収納スペースを
作ります。
IMG_3825(前回のボックス使用例です。)

以前の収納編no.3では詳しいボックスの作り方を公開していませんでしたので、
今回詳しく解説します。

作るボックスの種類はやはり2種類です

○600mm×300mm×24mmの合板2枚と300mm×300mm×24mmの合板2枚で作るボックス
W=幅600mm
H=高さ348mm
D=奥行き300mm

○300mm×300mm×24mmの合板4枚で作るボックス
W=幅300mm
H=高さ348mm
D=奥行き300mm

今回使う材料は構造用合板で24mm×1820mm×910mm
重くて扱いにくいのでホームセンターなどのカットサービスを利用して
24mm×1820mm×300mmにカットしてもらうといいですね。
私はテーブル丸鋸で自分でカットしています。

次に600mm×300mm×24mmと300mm×300mm×24mmの2種類にカットしていきます。
IMG_5081
私はスライド丸鋸を使ってカットしました。
IMG_5100レーザー光線による墨付けですので誤差はほとんどありません。
IMG_5101
丸鋸でもカットできますが正確にカットするには、自作の丸鋸定規などが必要になります。(丸鋸定規の作り方は後日投稿します

ジスクグラインダー冶具(タイル切断用定規)

ボックスの内側高さが300mmとなりますので中間に棚を入れたい場合があると思います。
中間に棚を入れたい場合のみですが、参考までに。
ホームセンターで棚ダボが売られています。
いろいろなものが売られていますが今回使うのはこれです。
IMG_5116  ねじ込み式のダボです。
不要な時は外せますので便利です。

300mm×300mm×24mmの合板2枚に2個所ずつ計4個所に正確な位置に穴をあけなければなりません。うまくあけないと棚がぐらつく原因になります。

そこで自作の型紙定規を使います。
厚手のボール紙でも構いませんが、ここではアルミ複合板パネルを使いました。
IMG_5082
ダボの直径が9mmですので一回り小さな8mmのドリル穴をあけダボを打ち込みます。
IMG_5084
IMG_5085

IMG_5088打ち込んだダボにダボをねじ込みます。

材料が揃ったら組み立てに入ります。

誤差±0.2mmぐらいで作業しなければいけないので、ドリルを使って丁寧に段取りをします。

今回使うビスは頭の直径8mm、太さ3mm(ねじの部分4.2mm)、長さ50mmです。

厚みが24mmですので合板の中心にビスが入るように、ここでも自分で型紙のような定規を作り鉛筆で3個所ずつ印をつけ、
IMG_50938mmのドリルで、ビスを打った時に頭が隠れる程度に(深さ約2mm)穴をあけていきます。
IMG_5092この作業を怠ると合板にひびが入ったり、ボックスを重ねたときにぐらついたりします。

ビスを打ち組み立てますが、ビスが入るとき材料が微妙にずれることがあるので、先ほどのドリル穴から今度は2.5mmのドリルで穴をあけておきます。
正確にきれいに仕上がります。

そして組み立てるとき、直角になるようスペーサーを用意します。
IMG_5091
組み立て終了です。。
IMG_5089ダボをねじ込み、中心に棚も入りました。

合板ですのでささくれがあり怪我をしますので作業中は手袋を使用してください。
これからサンドペーパーを使って、ささくれや、凸凹などをきれいにして今日の作業は終了です。

明日塗装しますが、ウェーティングルームに仮置き(レンガのように置くと安定します)して具合を確認します。
IMG_5103塗装前ですがかなりいい感じです。

このボックスいろいろ使えます。
以前作って塗装したものですが、ソファーのローテーブルの脚に使ってみました。
IMG_5109
天板は震災ごみの再利用です。捨てずにとっておいたものです。
IMG_5111
IMG_5114天板のガラスに汚れや傷があるのでテーブルランナーを敷き完成です。

大工に一歩届かない私、大工(九)見習いの、横車大八(DIYペンネーム)でした。

糖質制限食料理人のセルフリノベーション エントランス(玄関)編その6

今回はウエーティングルームの仕上、フローリング張りです。

ナラ無垢材15mm無塗装を使います。
サイズに合わせてスライド丸鋸でカットします。
IMG_4743
まず、床に仮置きします。
IMG_4744
私の場合、釘を使わずネタボンドを使っています。
床のきしむ音がほとんどありません。
IMG_4745
バリアフリーの床張りが終りました。
濃いグリーンのソファーと、ヒロ・ヤマガタのポスター画を掛けて完成です。
グリーンとアイボリー・マホガニーはよく合いますね。
IMG_4749
ビフォー
IMG_4531
アフター
IMG_4752
IMG_4827
次回はエントランス(玄関)部分の土間タイル張りなどの仕上です。

 

糖質制限食料理人のセルフリノベーション エントランス(玄関)編その5

今回は、天井の塗装と壁塗りです。

前回塗った廻縁を汚さぬようにしっかりと養生します。
IMG_4719
日本ペイントの水性塗料エコフラット60で塗装します。
コーナー部分は刷毛で塗り、続いて大小のローラー刷毛で塗ります。
IMG_4722
釣り竿のような伸縮自在の道具を使います。
IMG_4725
二度塗りして完成です。
IMG_4738
壁塗りです。
日本プラスターの漆喰「うまーくぬレール」を使います。
プロも使っている、すぐ使える優れものです。
IMG_4727
古壁に透けるほど薄く一度塗りします。
IMG_4729
二度塗りは丁寧に、仕上げます。
IMG_4737
次回はフローリングを張ります。

糖質制限食料理人のセルフリノベーション エントランス(玄関)編その4

毎日暑いですね。
今日は、廻縁の塗装です。
まずマスキングテープとコロナマスカラを使って養生しました。
一番大変、そして仕上がりを左右する大事な工程、手抜きはしません。

日本ペイントのオイルステインの中から、マホガニーを選びました。
天井を白の水性塗料、そして壁をクリーム色(アイボリー)の漆喰で仕上げるため、廻縁はしっかりしまりのあるマホガニーを使いました。

s-IMG_4713

s-IMG_4715

s-IMG_4717

s-IMG_4716

次回は天井の水性塗料(日本ペイント・エコフラット)を使った塗装と漆喰(日本プラスター・うまくぬれーる)を使った壁塗りです。

またアップします。

糖質制限食料理人のセルフリノベーション エントランス(玄関)編その3

今日は2×4材を加工したもので枠を組み12㎜合板を貼り付け壁を作りました。
そして開き戸を取り付けました。s-IMG_4701
s-IMG_4695
s-IMG_4691
s-IMG_4696
明日、廻縁の塗装から始めます。
その前に、マスキングテープとコロナマスカラを使って養生します。
これが一番大変、そして仕上がりを左右する大事な工程です。

また明日アップします。